山崎プロのウッド編ワンポイントレッスン

ドライバー

ドライバーは一番長いクラブなので、スイングアークも大きくなります。

体を充分に捻り、フィニッシュまでしっかり振り切るスイングを心がけましょう。

タイミングよくスイングして振り切れば、スイングアークが最大になり、ヘッドスピードも速くなります。

ボールの位置とスタンスについて

  • ボールの後方から目標を確認し、ボールと目標を結ぶライン上の1~2m以内に、何か目印になるものを見つけます。
  • 目標ライン上にあるボールから、直角に延ばした線上に、左かかとの内側を合わせて位置を決めます。
  • ドライバーのスタンス幅は、肩幅が両足の中に入るようにします。
  • ティーアップの高さは、クラブフェースからボール半分が上から出る位が良いでしょう。
  • ボールと目標を結んだ線に対し,両足、両膝、腰、肩の線が平行になるように構えます。

ウッドのスタンス正面 ウッドのスタンス横

スウィングについて

正しいアドレスが出来たら次はスウィングの方法に入ります。

正しいスウィングができれば正確に、より遠くへ飛ばせます。

力任せに振るのではなく、スウィングの順番を良く理解して、タイミングのあった一定したスウィングを身につけましょう。

ポイント

  • 力まないでリラックスしましょう。
  • ボールを強く打とうとしないようにしましょう。
  • 大きなスイングをしましょう。
  • ボールを見ようとしすぎないようにし、あわせようとしないようにしましょう。
  • 飛ばそうと思い体を振りすぎないようにしましょう。
  • トップの状態から腕、クラブを振るぐらいで体の正面で打つことが出来るでしょう。
当練習場は200ヤードありますので、球筋を見極めたい方には特にお奨めです