藤波プロのアイアン編ワンポイントレッスン

アイアンはグリーンを狙うクラブです。ですから飛距離よりも正確性を求められるクラブです

1.ボールの位置とスタンスについて

ボールの位置

  • どのアイアンも、左足かかと内側におきます。

スタンス

  • クラブが短くなるにつれて、右足を左側に寄せて狭くしていきます。
  • ボールとの距離は、クラブが長くなるにつれて遠くなります。
  • 目標方向(飛球線)と90度のクロスラインに何か目印を見つけ、それ正対して立ちます。

スイング

  • 肩と腕とで出来る三角形をくずさないようにすること。自分の体の正面に常にクラブがあることを意識します

ボールの位置とスタンス

2.アドレスについての注意点

ウエイト配分

  • 左右の脚に均等にかけます。
  • 重心の位置はつま先でもかかとでもなく、だいたい土踏まずのあたりです。

スイング軌道のイメージについて

  • 結果としてショートアイアンはアップライトに、長めのアイアンは少しフラットになります。
  • スイング軌道はアドレスの姿勢により少しフラットになったりアップライトになったりするということを知っておきましょう。

アドレス

3.ミドルアイアンについて

ポイント

  • アドレスではリラックスして力を抜いて構えます。
  • バックスイングの上げる速さと、トップからダウンスイングの下ろす速さに、あまり差がないようにゆっくり大きく振ることを心掛けます。
  • 必ずフィニッシュまで振りぬきます。
  • フィニッシュがバランスよくとれる速さで振りましょう。

ミドルアイアン スイング

4.ショートアイアンについて

ボールの位置

  • 左足かかと内側におきます。

スタンス

  • シャフトが短くなるなるので、狭くなります。
  • ボールとの距離は近くなります。

スイング

  • ミドルアイアンに比べて短い分、近くに立つのでアップライトになります。
  • トップスイングは小さめを心がけましょう。
  • ミドルアイアンのような大きなトップスイングをしていないかチェックして、コンパクトなトップスイングを心掛けましょう。